いかの塩辛 自家製!!

寒い夜は日本酒が美味いですね。

そんな時のつまみに最高なのがいかの塩辛!!

市販のものも良いのですが、自分でつくると本当に美味しいですよ。

そこでいかの塩辛のレシピを紹介します。

材料

いか 1ぱい  塩 小さじ1 酒 大さじ3

つくり方

@ 新鮮ないかの胴とわたの間に指をいれて、つながっている部分をはずして、わたを引き抜く。

いか
いかの鮮度の見分け方は色!
いかのとれたては透きとおっているが、その後茶色になり、徐々に白くなっていきます。だから茶色のものは比較的鮮度が良いという事です。

A 引き抜いたわたについているすみ袋を破らないように取り除く。

B いかの胴に包丁を入れて一枚に開き、布巾などを使い、皮をむいておく。

C 開いた胴とわた、足やえんぺらをざるにいれ、風通しの良い場所で2時間ぐらい干す。(余分な水分がとれてうまみが増すのです。)

いか天日干し

D わたをボウルにしぼりだし、いかの胴をお好みの大きさに切って入れる。いかのわたの量によりいかを入れる量を調整する。(わたが多ければ足や、えんぺらの部分も入れる)

E 塩と酒を入れて、かき混ぜたあとに冷蔵庫で4時間ぐらいねかせて完成!!

いかの塩辛

塩分を少しきつめにすれば、3・4日冷蔵庫で保存も可能ですよ。

少々手間はかかりますが、市販品では味わえないものになりますよ。
是非つくってみてください。
posted by よしおとーさん at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒のつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。